フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 9月19日(土) JPA立山らいちょうバレーカップ1日目 | トップページ | 9月21日(月) JPA立山らいちょうバレーカップ3日目 »

9月20日(日) JPA立山らいちょうバレーカップ2日目

朝、コンビニに買出しに行った。出発前の5時半にゴンドラ駅に行ってみるとあいていたのでグライダーを最初において買い物に。帰りに道を間違えて美女平に行ってしまう。駐車場はその時間でももう満杯でやっとのことでUターン。朝食を食べて7時半前に大会本部に行くとすでに列が伸びている。受け付けしてすぐにゴンドラに向かうが、かなり遅れてしまった。ゴンドラ降り場からテイクオフまで走って5番目くらいにテイクオフに到着。リフト側の一番前に陣取る。ブリーフィングでは今日も渋いとのこと。しかし、前半3角を2周して、その後、美女平に2回行くタスクが発表された。この雲底高度でどうやって美女平から帰ってくるのか、立山エリアのフライト経験がほとんどないと言っていい状態なので全く想像がつかない。しかもテイクオフ直後、草が翼端に絡んで吊ってるは、バリオの音はならないはで、いろいろやっていたら、かなり気まずいくらいに低くなる。リフライトは13時までできない。降りたらほとんど競技終了という状態に、厳しい高度で尾根の西側に出し、やっとサーマルをヒット。上げ切って雲底につく頃にはトップの選手はすでに1周していた。急いで三角を2周し、1回目の美女平に向かう頃には5,6番手くらいまで順位を上げていた。こんなとき冷静になればいいのだけれど、ついつい先行する機体をノープランで追いかけてしまった。さらにランディング手前で強烈な吹き降ろしにつかまり、メインランディングにランディング。知らないエリアで、戦略なく飛んでいるときは空中でもっと考えて飛ばないとだめだね。その後、ランディングのちょっと北側に戻ってきた高杉さんと、北尾根で上げた扇澤さん、伊沢さん、岩崎さんが2回目の美女に渡ったがその後続かず、ゴール者無し。距離伸ばしのサービスタスクとなった。そうなると、高度処理なんかせずに、もう少し、距離を伸ばしておけばよかったなどと後悔するんだよね。

« 9月19日(土) JPA立山らいちょうバレーカップ1日目 | トップページ | 9月21日(月) JPA立山らいちょうバレーカップ3日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月20日(日) JPA立山らいちょうバレーカップ2日目:

« 9月19日(土) JPA立山らいちょうバレーカップ1日目 | トップページ | 9月21日(月) JPA立山らいちょうバレーカップ3日目 »