フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 5月27日(木) PWC白馬6日目 | トップページ | 5月29日(土) PWC白馬8日目 »

5月28日(金) PWC白馬7日目

朝霧移動。

バスで。

朝4時半集合で、4時半に行ったら、

バスはもういっぱい。

少し遅れてきた外国人選手は

補助席だよ。

そんな状態で3時間の移動。

ちょっと苦痛。

でも、自分で運転して行くよりは全然楽だし、

何よりも、今日はタスクができる。

朝霧についたらバスはそのままテイクオフへ。

まさか、ウイングキッスのテイクオフで

ワールドカップをやるなんてねぇ。

タスクは60kmくらいでちょっと短め、

しかも、沖だしがほとんど無いので

僕には不利。でも、実力どおりの成績がでるタスク。

スーパーファイナルの予選と考えればいいタスクだと思った。

そして僕には何よりもブーメラン7と言う武器がある。

しかも、安定してるからアクセル踏めるんだよね。

なんて思っていた。

タスクはクロックタイムスタートのゴールレース。

テイクオフはオーダー制で、レターのいいもん順。

僕はそこそこ真ん中より前で出られるはずなので

いい感じと思っていたら、みんなテイクオフがいまいちなのね。

風がよくないってこともあるけど、それにしても悲惨な状況だった。

スタートまで40分もあったのに、僕が上げきったときはスタート2分前くらい

数キロ先のスタートラインには到底間に合わなかった。

結局スタートラインには8分遅れでついた。

あと2分待って次のスタート時間で行くか、

そのまま8分を無駄にしても、先頭グループが見える位置で追いかけるか、

ちょっと迷ったけど、そのままスタートを切った。

見えてる先頭集団を追いかけていったほうがスピードが出ると思ったからだが

その思惑はあっと言う間に崩れ去った。

天子の雲が、飛んでいる位置より低くなってきた。

雲をよけるために西へ大きく迂回したら、突然翼が無くなった。

そしてフルストールさせてリカバリー。

いきなり強烈なパンチ一発くらった。

気を取り直して、天子南のスタートパイロンへ。

雲の吸い上げが強く、せっかくフルストールで落とした高度が

どんどん回復し、雲と雲の隙間の晴れ間を飛んでいると、

もう1回ドッカーンと翼がたたかれ、2回目のフルストール。

これが直らない。直らない。直らない。おっとスピン。直らない。直らない。おっとスピン。

って感じで1分10秒、高度差600mの短くて長いドラマを演じた。

天子より低くなって安定している空域に入ったからか、やっと機体が直って養毛へ。

が、途中の長者でまたしても、機体がたたかれフルストール。そしてクラバット。

ここで、気持ちが少しへこんで、高度をとるために上げ返すのを止めました。

それからは低く低く尾根上を移動したけど、アクセルを踏んだり緩めたりするたびに

クラバットのオンパレード。いろんな直し方をためし、片翼潰しは2回やった。

長いパラ人生で2回しかやっていないフルストールからの回復を3回。

1回しかやったことの無かった、片翼潰しでのクラバットからの回復を2回。

今日1日で経験してしまった。

そんな状況ではありながらも、最後まできちんと気持ちを切らさずにレースをした。

ファイナルグライドで一緒になったマントラとアクセル踏み競争と思ったら、

やっぱりクラバット。

回復させてる間に高度を落としてゴールできなかったら悲しいので

のんびりゴールに行った。

そんな状況でも23番だったのはびっくりだった。

GPSのチェックインは白馬なので、バスに揺られて3時間。

すごく疲れたけど、すごく楽しいタスクだった。

オーガナイザーのナイス判断と英断に拍手!!!

晩御飯は植田さん、鈴村さんたちと一緒に桂華で中華。

ここもおいしかった。

« 5月27日(木) PWC白馬6日目 | トップページ | 5月29日(土) PWC白馬8日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日(金) PWC白馬7日目:

« 5月27日(木) PWC白馬6日目 | トップページ | 5月29日(土) PWC白馬8日目 »