フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 5月28日(金) PWC白馬7日目 | トップページ | 5月30日(日) 運動会 »

5月29日(土) PWC白馬8日目

PWC白馬最終日。

昨日、朝霧でできたものの、やはり白馬で1本やりたい。

天気予報は微妙な感じだったけど、朝起きると、意外といい感じ。

だけど、テイクオフに上がるモチベーションが低かった。

テイクオフで機体を広げる場所も、タスクボードの近くと消極的。

しかし、コンディションは上々。ダミーもどんどんゲインしていく。

決まったタスクは、佐野坂スタートで爺が岳-三郷ゴールの50キロ。

僕としては振り落としがあるタスクがよかったんだけど、

ワールドカップ選手はパイロンが多いと選手から文句が出るらしい。

そんなことで、文句つけてたら、立山で大会はできないぞとか思ったけど仕方がない。

ゲートオープンまで時間があったけど、

早くゲートが開いたらしく選手はどんどんテイクオフしていく。

心の準備もあまりできないうちに、テイクオフする番に。

意外と弱い風に機体が立ち上がらずやり直し。

気合を入れ治してテイクオフしたら、左翼がしっかりクラバット。

ちょっとラインを引っ張ってみたが治る気配が無し。

片翼つぶしをしたが、直らず。仕方がないので高度が取れる沖へ。

次は片翼つぶしを維持した状態でさらにラインを引き込みシェイク。

するとスルッとラインが抜けて復活。

上げなおすけど、既に先頭集団はスタートを切っている。

ここで気持が焦ったのか、中途半端な判断でスタートを切ってしまう。

いつものごとく五竜に低く到着。

さらに南尾根に出てしまい大きくスタック。結局47側に戻り上げなおし。佐野坂へ。

ここで見えたのは鹿島槍スキー場で低くなっている先を行く集団が見えた。

なので、もう一度ガクモに戻って上げなおし、雲底につけて爺が岳へ。

しかし爺が岳では、低く渡った機体が上げなおし、雲底につけていた。

やることなすことうまくいかない。

そのあとも、第4グループあたりでこまを進め、結局、巻き返しすることなく、

ズルズルとゴールへ。

またしてもスタートで失敗してしまった。

順位も33位で、総合も26位に落ちてしまった。残念。

最終日ということで、表彰式。

優勝はフランスの選手。2位、3位にオギーとタロー。

僕は今回もワールドカップの雰囲気にのまれて

試合のできた2日間ともいつもならしないようなヘマをしてしまった。

全く進歩がないなぁ。

閉会式後は1週間以上滞在したシルバーファーンによってから帰路へ。

長い、大会期間だったが、結局8日間で5日間飛んで

いろいろ観光したりで充実していた。

また、大会に出るモチベーションが上がったかな?

« 5月28日(金) PWC白馬7日目 | トップページ | 5月30日(日) 運動会 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月29日(土) PWC白馬8日目:

« 5月28日(金) PWC白馬7日目 | トップページ | 5月30日(日) 運動会 »