フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ブーメラン7のラインチューニング | トップページ | 6月12日(土) 風邪が・・・ »

ブーメラン5からブーメラン7への乗り換え

前に書いた記事で、ブーメラン5からブーメラン7に乗り換えた人に

アクシデントが集中しているとふっておいて

全くそのことに触れていなかったので、ちょっと考えてみる。

僕個人の感想としては、ブーメラン5はどっしりしていて、

旋回性が非常に悪く、振り子現象が強くて、乗りにくい機体だった。

あまりにも曲がらないためついブレークコードを引きすぎて

フラットスピンに入れてしまうことは頻繁にあった。

ただし、潰れには強く、荒れた空域でも翼は安定していた。

翼は安定していたと言うのには、含んだ意味があって、

翼が安定している代わりに、空気の流れはライザーを通して

ビシビシと伝わってくる。

だから、荒れている空域に入ると

しっかりと伝わってくるグラグラ感によって、

警戒レベルはあっという間に100%となり、特に慎重になった。

だから、大きく潰すことなく飛んでこれたのかもしれない。

ブーメラン7はと言うとブーメラン5とは全く違っていて、

旋回は思ったとおりのイメージでキュンキュン回るし、

グライドしたときも揺れないから安心。

荒れた空域に入っても、翼が吸収してくれるから

ライザーは少し振動するだけで

荒れているという情報が伝わってこない気がする。

そんなんで安定しているから、

ブーメラン5ではほとんどアクセルを踏めなかった僕でも

アクセルをガンガン踏める。

だけど、そこに危険が潜んでいて、

僕がPWC白馬大会で陥ったピンチは、すべてと言っていいほど突然に来た。

油断していたと言ってもいい。

だから、対応が少し遅れ気味になっていたのかもしれない。

ブーメラン5からの乗換えだと、

グライダーから伝わる危機感が薄くなってるために

突然くる危機への警戒が鈍くなっているのではないのかなと思う。

違うかな・・・・

« ブーメラン7のラインチューニング | トップページ | 6月12日(土) 風邪が・・・ »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

PWCお疲れ様でした。毎回ためになるお話が聞けて有難い限りです。

ブーメランのインプレッション、参考になります。
5と6は同じイメージなんですね。曲がらん。気流の変化に敏感。けど安定してる。
私はこのところ、ライザーから来る情報にビクビクしながら飛んでます。

7番、良さそうですね。
是非乗りこなして、チューブぱんぱんの時速70キロでカッ飛んで見せてください。
落ちない程度に。。。

コメントありがとうございます。
ブーメラン6も5に近い感じなんですね。
6と7の性能差はあまり感じませんでした。
でも、乗り味の違いは重要ですよね。

7はせっかく乗りなれてきたのに
天気がわるいので、ラインチューニングする機会がないです。
それ以前に、大会もしばらくないし、飛ぶ機会がないです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブーメラン5からブーメラン7への乗り換え:

« ブーメラン7のラインチューニング | トップページ | 6月12日(土) 風邪が・・・ »