フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 9月17日(金) 立山へ | トップページ | 9月19日(日) JPA立山らいちょうバレーカップ2日目 »

9月18日(土) JPA立山らいちょうバレーカップ 1日目

駐車場にテントを張って寝ていたけど

朝は寒かった。

雨が降っていたのか、

道の端っこは濡れている。

テントをたたんだり、朝ごはんを食べてるうちに、

駐車場にいた他の選手はいなくなっていた。

ゆっくり受付へ行く。

久しぶりの大会だったけど、

いつものメンバーが、既に受付付近にたむろしていた。

一人、頭だけ仏門に入った人がいた。

受付を済ませてテイクオフへ。

毎回、早く行って、テイクオフのリフト側に広げていると

金山側からテイクオフしていくので、

今回は金山側にスタンバイ。

だけど、ススキが高いので、少し草刈と、

隠れた石の除去。

大分走れるように整備した頃、最初のブリーフィング。

2度目のブリーフィングで発表されたタスクは、

テイクオフの尾根で小さい三角。

その次に、美女と対岸と展望台を使って大きい三角。

最後に美女と対岸の尾根の先端と美女を往復して

メインランディングゴール。

このエリアにしては大きいタスクなので、コンディションはいいんだろう。

長いタスクは好きなので、

戦略は飛んでから立てればいいやと思ったのが甘かった。

テイクオフは予想外のリフト側から。

ここから既に、自分にとって悪い流れに乗ってしまってたのかもしれない。

まだ、このエリアを全然知らないので策は無し。

飛んでから考えようと思ってたけど、

エリアを知らないと言うのはやっぱり不利だし、

渋い状況で考える余裕が全く無かった。

最初の三角は無難にこなしたが、

美女から先の対岸は全く知らない感覚だけのフライト。

風が弱く、上がらないので、低く動いたら、

尾根のリーサイドを越えたところで、でかく叩かれる。

ちょっとバランスを崩し、やばかった。

まわしていたらツリーラン。失速してもツリーランと言う状況だったけど

何とかリカバリー。

すごく低くなりながらも、工場のようなところのサーマルで復活。

パイロンをとってそのまま前周りで金山に渡る。

他の選手は後ろで高く上げてから渡っている。

鉄塔の上でサーマルをヒット。+200くらいまで上げ返すが

サーマルが千切れてきている。

そこで旋回方向を変えたことでサーマルをロスト。

やってはいけないことをしてしまった。

せっかく上げた高度で、パイロンに近づけばよかったのに、

さらにサーマルをサーチしに沖に出てしまったのがしっぱい。

ここでの距離伸ばしで最終的な成績がついてしまった。

P9200001

まぁ、今日はツリーランしなかっただけでも、

よしとしておこう。

だけど、競技フライトとしてはあまりにも無策すぎた。

試合カンって言うのも、期間が開きすぎていて全くなくなっていた。

一番大事なリスク対策も甘かった。

競技に出始めていた頃と、あまり変わらない何にも考えてない飛びで

1タスクまるまる無駄にしてしまった気がする。もったいない。

慣れてきた頃が危ない、慢心が危ない。

わかっているけど、心にゆるみがあったことは否めない。

今後は気を引き締めて、謙虚に飛ぼうと思う。

今日は本当に怪我をしなくてよかった。 

夕方からBBQだったけれど、そうちゃん眠さ限界っぽかったから不参加。

早めに宿に戻って休んだ。

18日のフライト時間:90分

« 9月17日(金) 立山へ | トップページ | 9月19日(日) JPA立山らいちょうバレーカップ2日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月18日(土) JPA立山らいちょうバレーカップ 1日目:

« 9月17日(金) 立山へ | トップページ | 9月19日(日) JPA立山らいちょうバレーカップ2日目 »