フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 11月19日(金) 研修2日目 | トップページ | 11月21日(日) PNL 第7戦 四国三郎ジャパンカップ2日目 »

11月20日(土) PNL 第7戦 四国三郎ジャパンカップ1日目

朝4時ごろに四国三郎の郷に着いた。

予報に反して星がきれいで、またたいていた。

空気が動いている証拠で、こんな星空の日は

条件がよくなる。気がしていた。

朝受け付けに行くと、いつものように列ができているが、

なんとなく活気がかないように感じる。

ファイナルでグランプリだと言うのに

人数が少ない。

いつも見ていたメンバーでいない人も多い。

その代わり、新しい参加者が増えているかと言うと

そうでもない気がする。

やはり、あまり魅力のある大会ではなくなってきているのか

パーティも無くなったし、でるための制約事項が多すぎる。

新しく入ってくる人にとっては敷居が高いんだろうな。

逆に、最近参加していないのでわからないけど、

チャレンジは盛り上がっているのかな。

来年はもっと盛り上がってほしいけど、

それには、革命的なルール変更が必要かもしれないね。

天気予報は、僕の想像とは違って、渋いデータがそろっていた。

なので、タスクコミティが発表したタスクも、渋めを想定したタスク。

でも。43キロ。スピードレース設定。苦手なタスク。

エラップスなので急ぐ必要は無かったけど、

4番目くらいにテイクオフ。

サーマルはあるものの、

高度がなかなかとれなくて奥へと走る。

時間と共にサーマルトップは上がるが1200くらいでスタート。

毎度のごとくスタートのタイミングで低くなり、出遅れ。

先頭の集団が2つ目のパイロンに突っ込む中、

三頭山のリーサイド側のサーマルで調子よく上げていると大潰れ。

その後、三頭山のリーサイド側へはなかなか突っ込めなくなった。

トップグループは結局この時点で見失い、

セカンドグループで駒を進めることに。

先行したり遅れたりしながらも

終始、一緒にいたのは植田さん、翼君、伊藤君、長島さん、

途中でリスタートをきった大澤さん。

大澤さんが合流したからペースが上がったものの、

トップグループの動きはほとんどわからないままファイナルグライドへ。

最後の三頭山まではみんなと一緒にいたのに、

ファイナルグライドで相変わらず見切り悪く上げすぎて

結局、一緒にタスクをこなしてたグループの中ではビリ。

9番目のゴールだった。

エラップスで結局リザルトでも9位だった。

回収されて、帰着した後は、

植田さんに予約しておいてもらった宿の手続きをして、風呂に入って、

また、植田さんに段取りしてもらったカニ、しゃぶしゃぶ食べ放題へ。

去年に引き続き、ひたすらカニと肉を食べた。

今年1年、植田さんには、毎度いろいろ段取りしてもらった。

どうもありがとうございました。また、来年もよろしくお願いします。

さらに、いつもよりたくさんビールを飲んで、一気に体重増って感じ。

次の日もいいコンディションが予想されたので、

早めに就寝。基本的に寝不足だったので

気持ちよく眠れた。

« 11月19日(金) 研修2日目 | トップページ | 11月21日(日) PNL 第7戦 四国三郎ジャパンカップ2日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月20日(土) PNL 第7戦 四国三郎ジャパンカップ1日目:

« 11月19日(金) 研修2日目 | トップページ | 11月21日(日) PNL 第7戦 四国三郎ジャパンカップ2日目 »