フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 9月30日(金) 自転車のニュース | トップページ | 10月2日(日) お掃除スイッチオーン »

10月1日(土) なにもかも・・・

Pa010633

Pa010653_3

Pa010654

Pa010700

Pa010664

今日はかっペイさんに無理を言って頼んでいた

機体も、ハーネスも来たということで、

家族帯同で朝霧へ。

小幡さんは4連休でずっと朝霧にいるらしい・・・・

まずはハーネスのセッティング。

と思ったが良くわからなかったので、

ポットの足の長さと、肩ベルトだけ調整、

あとはそのままでとりあえずOKとした。

これはあとで大失敗と気づく。

ツリーランセットとか、無線機とか乗せ変えてると

無線機も運悪く液晶部分が壊れてたことが判明。

無線機よ、お前もかって感じ。

とりあえず、いろいろ詰め込んだハーネスの重量を計ってみると9kg。

軽い。機体と総重量を計ってみると、103kg。今の体重でちょうど。

次に機体。立ち上げてみると軽くてフニャフニャ。

そりゃ、コンペ機しか乗ってこなかったんだから、

そのくらいの違いは感じると思ってたけど

これで、2-3か?って感じ。でも、安心して乗れそう。

とりあえず、OKということにして、テイクオフに上がる。

テイクオフの風は南に振れていまいち出にくそう。

沖のパラグライダーは止まっているように見える。

リハビリフライトには楽しくなさそうなコンディション。

なんとなく躊躇。

さらに、普段、リボンをハーネスにつけっぱなしだったため、

新しいハーネスにリボンをつけてくるのを忘れてて、

ルール無視して飛ぶことには

思いっきり躊躇。

無線機壊れてるし、さらに躊躇。

よっちゃんが相変わらず、テイクオフにびびってるし。

もう、飛ばなくてもいいかなと思ってたところに

かっぺいさんや小幡さん、あまのっちが上がってきた。

そのときに、かっぺいさんがリボンを持ってきてくれた。

後でこのリボンの重要性に気づく。

妙なプレッシャーのかかる中、テイクオフ。

へんなテイクオフ。しかも、

足が入らない・・・・

全然入らない。・・・・

堕ちたときのトラウマか、ビビッて、ブレークコードから手が離せない。

よーく確認してみると、膝を曲げたかかとの辺りの、

さらに10cm上くらいに、ポットがある・・・

それでも手を離さず頑張って引っ掛けて、

やっと足がはいった。

だけど高度は大分落ちたし、かなり沖に出ちまった。

機体に慣れてないのか、びびってるのか

しばらく上げ下げを繰り返しているとき、

ピッチ操作が忙しかった。

そしてスカ朝の上で変なサーマルに遭遇。

大きくピッチアップした後に一気にラインテンションが抜けた。

ブーメランだったらピッチアップせずに潰れなかっただろうか?

操作に慣れてないからか?

振り返ると後ろにいたブーメランも潰れていたので

きっと何か変なサーマルが通り過ぎたんだろう。

怖かった。

気持ちが、まだ復活してない。

そのあとは、沖に逃げたけど、

足が震えていた。

その後は山に戻らず、沖に出て高度を落とし、

もう一度上げなおそうかと思ったら、

ランディングから子供達の声が聞こえたので

ランディングすることにする。

タイミング悪く3機くらいが同時進入。

北側で高度処理している青い機体がリボンをつけてなかったので、

どう動くのか、どこに下ろすのか全くイメージがわかなくて怖かった。

仕方ないので、普通にランディングするのは諦めて、

アウトラン覚悟で南に出すと沈下が大きく、

中途半場に道路に行きそうだったので、

無理やりフォロー気味でウイングキッスにランディング。

リハビリフライトで、いきなり危ないランディングをしてしまった。

結局リボンをつけてない青い機体は、その後、大分長い時間、

北側の尾根を独占して高度処理をしていたのか、

僕がグライダーを絞って、ハーネスを脱ぐ頃に、隣に降りていた。

こういった同時進入の場合の、リボンの重要性を改めて感じた。

リボンをつけていないことは明らかなルール違反なので、

リボンをつけてないと、こういうときに困ります。

と言いに行こうと思ったが、

エリア間のトラブルになると嫌なので、やめておいた。

機体を畳み終わった頃、隣から人がクレームがありますとやってきた。

ランディングで人の前を横切るなと言うことだった。

ひょっとして、僕か?思ったが、

僕のことではないようだった。

そのクレームの内容のランディング間際の出来事は、

僕は当事者じゃないし、現場を見てないので、

どちらが悪いとか言う立場じゃないし、

お互いの言い分を検証してみないと、なんとも言えないと思うのだが、

凄いけんまくで一方的に怒っているように思えて少しイラっとした。

後で聞いたが、前を横切った人は、

青い機体の人もウイングキッスの人だと思ってたらしく、

そういうイメージで自分の高度が低かったので前に入ったらしい。

そういう意味でも、リボンって重要だと思う。

かっペイさんはさすがに大人の対応をしていて、

ことが収まるかに見えたそのとき、

何か引っかかるものがあって、

ひょっとして青いピーク2の人ですか?

と聞くとそうですとの事だったので、

リボンつけてませんでしたよね。

ランディングで、同時になると、どこに下りるのかがわからず、

動きが読めないので、リボンはつけてくださいね。

と言ってしまった。

これが、結果的に火に油を注いでしまい、

かなり切れてしまった。

彼にとってはリボンをつけていなかったことと、

目の前を機体が横切ったことを切り分けて考えられない精神状態だったらしい。

かっペイさんが何とか、その場を収めてくれたけど、

危うくエリア間の問題に発展させてしまうところだった。

かっペイさんにも気まずい思いをさせてしまった。

・・・・反省してます。

帰りの車の中で、一部始終を横でみていた嫁さんにも

クレーム対応の原則がわかってないと諭された・・・・

・・・・猛反省してます。

相手の方は、危うく命の危険さえ感じる思いをしてたわけだから

相当怒って怒鳴り込んできても、相手の立場になれば、そりゃ当たり前かも知れない。

当事者の話を聞いて、これからどうするべきかを一緒に考えるべきだったなぁと思う。

そんなチャンスを、僕の一言で台無しにしちゃったわけで

当事者同士も気まずいままだし、まさにLOSE-LOSEの関係になってしまった。

本当にごめんなさい。

そんな出来事の後、かっペイさんに促され、

ハーネスのセッティングをした。

どうも、僕はセッティングとかにあまり興味がなく、

今までもほとんどそんなもんだとして乗ってしまう傾向がある。

今回は、足が入りにくかったのだけ直せればと調整を始めた。

が、よくよく調整してみるとレッグベルトは凄く長いし、つり位置も変えられる。

足が入り易くなるし、つり位置も低くすることが出来た。

調整するとき、全てのバックル類は標準の位置でついていたが、

Mサイズだけど、僕でも大きいくらいで、

かなりあちこちのベルトを締めて、やっと快適になった。

気づくと5時近く。4時間くらいセッティングしてたかもしれない。

5時ごろ、エリアを出る頃は疲労困憊。ヘロヘロで家に着いたら

何とか晩御飯を食べたところで沈没。

またまた、嫁さんに子供達の世話をしてもらった。申し訳ない・・・

1日のフライト時間:35分

« 9月30日(金) 自転車のニュース | トップページ | 10月2日(日) お掃除スイッチオーン »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日(土) なにもかも・・・:

« 9月30日(金) 自転車のニュース | トップページ | 10月2日(日) お掃除スイッチオーン »