フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 10月8日(土) 白馬八方尾根Japan Cup1日目 | トップページ | 10月10日(月) 白馬八方尾根Japan Cup3日目 »

10月9日(日) 白馬八方尾根Japan Cup2日目

今回の大会は、

嫁さんと子供達をゆっくりさせるためと、

白馬を自転車で走りたかったから、

朝は白乗のシルバーファーンから、

自転車で八方へ。

35分ぐらいでついた。

2日目は昨日よりゴンドラが混んでいるような感じ。

山ブーム恐るべし。

テイクオフに選手が上がるのは遅かった。

だけど、条件が良くなるのも遅かった。

競技時間は昨日より長く取れるらしいが、

やはり、競技は速く始めたほうがよいのでない?と思えた。

昨日のデパーチャーオープンまでの時間が短すぎるとして30分となった。

なんか間延びした時間設定になったと思ったら、

40分にしろとのクレーム。さらに伸びた。

半谷さんがいなかった影響もあるかもしれないが、

ピリッとしないタスクになった。

結局、準備するまでの時間も長く、

デパーチャーオープンまで40分の時間設定となり、

当然、僕はイラついていて、平常心を失っていた。

こんなことじゃダメなんだけどね。

だから、タスクコミティなんて嫌なんだ。

試合の進行が、僕のリズムとは完全に会わなくなっちゃって、

楽しく感じられない。

こんな日に限って、テイクオフがスムーズで、最後の選手が出たのが、

20分後くらいだった。そんなこんなで集中力を欠く飛びに。

テイクオフ上空の40分は長い。

サーマルが上がったり、下がったり。

スタートを大失敗してほとんど最後尾でスタート。

しかも、一気に3角を回らず、1つ1つ確実に行ったのがさらに裏目。

何とか挽回しようと無理するも、焦りばかり先行して、状況は改善せず、

最後は、ダメだとわかっていて、低い高度で佐野坂に突っ込む。

完全に冷静さを欠いた飛びになってしまった。

結局、この日はゴール者3人。

南風の流入が選手のゴールを阻んだ。

後30分展開が早かったら、どうだったかな?

タスク設定の難しさを感じたタスクだった。

子供達はリフトで上まで上がって観戦。

楽しかったらしい。

写真をいっぱい撮ってくれた。

Pa090786

Pa090792

Pa090818

Pa090829

夜、グライダーを回収してなかったことに気づき、本部前に行くと

寂しく機体が置いてあった。

ごめんよう・・・

9日のフライト:3時間3分

« 10月8日(土) 白馬八方尾根Japan Cup1日目 | トップページ | 10月10日(月) 白馬八方尾根Japan Cup3日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月9日(日) 白馬八方尾根Japan Cup2日目:

« 10月8日(土) 白馬八方尾根Japan Cup1日目 | トップページ | 10月10日(月) 白馬八方尾根Japan Cup3日目 »