フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 9月15日(土) 立山らいちょうバレーカップ1日目 | トップページ | 9月17日(月) 立山らいちょうバレーカップ3日目 »

9月16日(日) 立山らいちょうバレーカップ2日目 虎馬

朝5時半起床。

日課となった感じの、受付の場所取りと

ゴンドラの場所取りをしてから

テントに戻って、のんびり朝食。

キャンプって、朝ののんびり朝食のときが一番好き。

癖になりそうだ。

それはそうと、

トラウマって虎とか馬とかが語源の由来かと思ったら、

ただのギリシャ語だったのね。

精神的な外傷があるんだよね。去年の。

そもそも、大会で嫌いなのは一斉スタート。

基本的に、大勢で飛ぶのが嫌いなので、

スタートだいっきらい。

なので、無理せず5分遅れて一人旅と思ったら、

最初のパイロンをとって戻ってくると、

チャレンジリーグがあげるタイミングと重なって

さらに怖いことに。

やっぱり、旋回に入るタイミングとか、

よけ方とか、微妙に怖いし、無理にあわせると後流くらいまくりで

危ない危ない。

チャレンジリーグとの併催なんて、

このちっちゃいエリアじゃ厳しいよ。

なんて思いながら、冷静に、冷静にと自分に言い聞かせ、

タスクをこなす。

タスク後半で美女平。

このときには10番手くらいまでは上がってたのかな。

だけど、1200mくらいまでしか上がらない。

この高度だと、、対岸に行きたいが、

対岸は、ちょうど去年落ちたポイントに、落ちた高さくらいで通過する高度。

しかも前半対岸に行って怖い目にあってる。

ここで切れた。

もう、降りてもいいからまっすぐ行こうって事でまっすぐ行くと、

やっぱり何にも無くてそのまま降りちゃった。

まぁ、怖いものは怖いのよ。

同じタイミングで対岸に行った星田さんはゴールしてたから、

あっちにいけば可能性はあったってことで、

納得の沈。

待つという選択肢や、前に機体を行かせて石橋をたたいて進むって手もあったなぁと

後になって思うけど、

そん時は考える余裕なんか無かったわけで、

やっぱりトラウマなんだろうね。

心の傷はなかなか癒えないね。

ランディング後は、植田家とお風呂に。

ふもとで食事も取れるいい感じの施設発見。

とやまブラックおいしかった。

来年からの定番になりそうだな。

テントに戻って直ぐ就寝。

とはいかずに、暗闇のコオロギと格闘のあと就寝。

コオロギがいないと、快適よ。

« 9月15日(土) 立山らいちょうバレーカップ1日目 | トップページ | 9月17日(月) 立山らいちょうバレーカップ3日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月16日(日) 立山らいちょうバレーカップ2日目 虎馬:

« 9月15日(土) 立山らいちょうバレーカップ1日目 | トップページ | 9月17日(月) 立山らいちょうバレーカップ3日目 »