フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 3月22日(金) 大会前なのに | トップページ | 3月24日(日) COOクロカンカップ2日目 »

3月23日(土) COOクロカンカップ1日目

嫁さんに起こされ、

眠い目をこすりながら準備をしてCOOへ。

圏央道で川越まで行ったけど、朝は全く意味ないな。

早く圏央道が、常磐道までつながってくれないかな。

COOについたのは7時過ぎ。

受付は始まっているのに、

まだ大勢が並んでいる。

今年から判定ソフトが変わって、

古い機種のGPSにパイロンデータをダウンロードするのに

すごく時間がかかるらしい。

クロカンカップだし、それほどあせることはあるまいとゆっくりダウンロードして

テイクオフに上がる。これでも、僕の後に車2台分の選手がいた。

選手数が少ないのが、せめてもの救いだったか?

選手数が多かったら、もっと時間がかかってたね。

チャレンジと併催だから、主催者側もやることが2倍なのか、

ジェネラルブリーフィングも少し時間がかかってたような感じ。

ゲートオープンまでは安定した東の風で出やすそうだったが、

やっぱり、いつものCOOと言うか、

条件がよくなるとテイクオフの風がころころ変わる。

ゲートオープンからスタートまでに40分も時間をとったのに、

チャレンジとナショナルのゲートオープン時間が被っていることもあり、

選手がはけなかったらしい。

僕は北側のテイクオフからサクッと出たので、割と余裕があったけど、

余裕を持ちすぎてスタートのときに低くなってしまった。

全く意味無し。

ゲートオープン直後が条件のピークだったかな。

COOをとって燕に行ってテイクオフ付近で上げなおし、

ここまではバンバンだったけど、ここからが渋い展開に・・・

先行する機体が見えなかったのでまっすぐ筑波山に向かうが

全く上がる気配なし。

猿公園の先に戻って上げなおし、フラワーパークに向かう。

途中あったサーマルで、2週位したところで離脱して

フラワーパークに向かったのが失敗だったかな。

上げきればよかった。

それでも周辺にいた機体の中では一番高かったんだけど、

悲しいかな、性能が・・・

それでもフラワーパークを取り、次のパイロンには向かわず、

サーマルをサーチしながら風上に向かう。

サーマルらしきものはあるが固まってなくて捕らえきれずランディング。

一緒のタイミングで飛んできた高性能機たちも付近にみなランディングしてたので

あのタイミングとしては頑張った方だろう。

その後に来た機体は条件が幾分好転していたのか、

フラワーパークで上げなおしたりして先に進んでいった。

先行していた機体は少し先までしか距離を伸ばせていなかったみたい。

今日はタイミングを見切る能力と、粘る技術が必要だったみたい。

そういう感覚も、練習してないから失くなっちゃってるんだよね。

本部には割りと早く戻れた。直ぐにテント設営に行けばよかったんだけど、

パーティが6時からだと思ってたら、4時からだったみたいで、

明るいうちにテント設営してたらパーティに出られなかった。

情報はちゃんと確認しておかないとダメだね。

テントの設営が終わってからGPS回収と成績を見に本部に行った。

成績は40位くらい。

結構頑張ったつもりなのに、思った以上に全然ダメだ。

なんかフラワーパーク付近のどんぐりの背比べ状態とはいえ、

大きな失敗もしていないのに、

ナショナルじゃ全然歯が立たないレベルにまで腕が落ちたかとショックを受け

傷心のまま、お風呂と夕飯を食べにゆりの郷へ。

精神的に参ったのか、頭痛がひどく、テントに戻って直ぐに寝た。

なんか、もう大会に出るのはやめようと本気で思った。

でも子供達は楽しげなんだよね。

P3237125

« 3月22日(金) 大会前なのに | トップページ | 3月24日(日) COOクロカンカップ2日目 »

パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月23日(土) COOクロカンカップ1日目:

« 3月22日(金) 大会前なのに | トップページ | 3月24日(日) COOクロカンカップ2日目 »